マナーあるレンタルスペースの使い方とは

場所的なマナーとは

レンタルスペースは、様々な場所に存在します。
例えばかなり広大な自然環境の中でレンタルできる場所もあれば、都会の雑居ビルの中の一室をレンタルする等、必要な人に合わせてその分、レンタルスペースの数も広がりを見せているのです。
そしてレンタルスペースを借りる際には、この場所的ポイントを押さえつつマナーを守るのが基本です。
とくに借りるスペースの周辺に、別のスペースがある場合には利用方法について配慮するのがオススメ。
都会のビルの一室などのように、同じ階や上下のフロアに別の利用者がいることが想像できる環境を利用する際はマナーが求められます。
音の出るものを使用する予定があるときには、レンタルの管理会社にその旨を相談しておきましょう。
また、多くの人が出入りして人声が出る可能性がある場合も同様にその旨を話しておくことはマナーとして大切です。

利用方法への配慮が必要

例えレンタルスペースを管理する側から、利用方法の制限がなかったとしても、社会人としてマナー面の配慮も欠かせません。
利用方法が悪いと、その後レンタルスペースを同様に借りられなく可能性があるだけでなく、信用度が下がるおそれがあるのです。
例えばレンタルスペースのある建物に喫煙所がある場合。
レンタルスペースを利用する人の中に喫煙者が多いと、建物備え付けの喫煙所を占拠する可能性があります。
その建物はレンタルスペースの為だけではない場合には、レンタルスペースの利用者によって他の人に利用制限が掛かってしまいます。
あくまでもレンタルスペースを借りることがメインであり、その建物の付属施設まで利用許可が許されているわけではないこともあります。
こうした面で利用方法は配慮しましょう。


この記事をシェアする